Viewing entries in
Bilingual show

Comment

YouTuberも参戦!日本語&英語即興コメディグループ パイレーツ・オブ・東京湾、西麻布で12/3に七周年記念公演を開催

東京で唯一、日本語と英語で上演をする即興コメディグループ「パイレーツ・オブ・東京湾(代表:スタッファーマイク、以下、POTB)」は、2017年12月3日(日曜日)、西麻布のスーパーデラックスにて7周年記念公演を開催いたします。

POTBの公演は観ている人のお題を基に全て即興、つまり台本なしでその場で笑いを生み出すため、公演内容は毎回違います。

そして今年の記念公演には、姉妹グループの「パイレーツ・オブ・道頓堀」や特別ゲストとしてYouTuberもお祝いに駆けつけてくれます。

過去の記念公演1

過去の記念公演1

早割チケットはこちらから販売中 http://potb7.peatix.com

https://www.atpress.ne.jp/releases/140849/img_140849_2.jpg

https://www.atpress.ne.jp/releases/140849/img_140849_3.jpg

All photos by ©Michael Holmes

■代表:マイク・スタッファーのコメント

「POTBとして更なる成長を遂げた2017年を、最後は盛大に締めくくりたいと思っています。12月3日(日曜日)はまさしくそれに当てはまる記念公演になるようにしますので、ぜひ足を運んでいただけたらと思います。」

■プロデューサー:川畑誠仁のコメント

「演劇界では馴染みのある即興(インプロ)かと思いますが、もっといろんな方に知ってもらいたいがために活動を続けています。一度の公演で日本語と英語を披露する劇団はほとんど存在していないと思いますので、この機会にぜひ遊びに来てください。」

▼チケット情報

現在、Peatix(ピーティックス)にてチケットを販売中。また、受付で当日券も販売しています。そのまま会場までお越しください。

早割チケット: 2,500円(11月18日まで)

通常チケット: 3,000円

当日チケット: 3,000円

購入URL : http://potb7.peatix.com

▼開催概要

日時:2017年12月3日(日曜日)

開場:18時30分

開演:19時30分

場所:スーパー・デラックス — 〒106–0031 東京都港区西麻布3–1–25 B1F

※イベントは飲食をしながらお楽しみいただけます。

※各種チケットには「湾(ワン)ドリンクサービス券」が付いております。

▼即興とは

台本なしでその場で演じることです。エンターテイメントとしての即興コメディは世界中で確立された人気があり、日本でも一つのお笑いジャンルとして認識され始めています。

▼パイレーツ・オブ・東京湾について

日本語と英語で公演する日本語と英語の即興コメディグループです。

公演はお客様からのお題に基づいているため、内容は毎回異なります。毎月の公演に加え、インターナショナルスクールでの公演やワークショップ、そしてチャリティー団体と協力し基金を集める活動もしています。また即興に焦点を当てたワークショップも行っており、これまでに私たちはアメリカ大使館、コネクトUSA、株式会社Gengo、株式会社ビズリーチ、東京オーストラリア協会、日本医療政策機構、金融業界で働く女性の会などの企業・団体の皆さまに即興スキルを伝授しています。

パイレーツ・オブ・東京湾のファンは国内だけでなく海外にもたくさんいます。そのためツアーの際には、彼らに会いにいくことも楽しみの一つです。2010年の旗揚げ公演から、北京、上海、香港、シンガポール、マニラ、ニューヨーク、クアラルンプール、ハワイ、ドイツでの即興国際フェスティバルに日本代表として招待され、参加を続けています。

URL : http://www.piratesoftokyobay.com/

Facebook: https://www.facebook.com/pg/TokyoImprov/about/?ref=page_internal

Comment

How to Do Bilingual Improv

Comment

How to Do Bilingual Improv

59e0c15f9d043_59e0c1585d707_1595389794.jpg

Improvisational comedy is a challenging skill to pick up even in your native language. So how do you do it in two languages? The Pirates of Tokyo Bay have been pulling it off for nearly seven years — here are six quick tips that will help you get any audience rolling in the aisles!
 

 

1. Know Your Audience

1.jpg

Different audiences laugh at different things — physical vs. political humor. Everyone laughs at awkward romantic scenes. Gauge your audience at the start of each show. Use the intro or first games to see if the audience consists of more speakers of one language or another and tailor your scenes and characters accordingly.

 


2. Get Physical & Mime

Break up linguistically heavy games with physical humor that everyone can enjoy with minimal effort.

 


3. Create Clear, Culturally Specific Characters (e.g. ‘The Bro’ & ‘The Obachan’)

3.jpg

Mixing cultural points is also important. Play a character from your neighborhood who just happens to speak fluently in another language. This creates depth and avoids repeating things we’ve seen or done before.

 


4. ‘Yes and…’

4.jpg

Different cultures means less shared cultural references. You need to trust your partner even more.

 


5. Localize Your Scenes

5.jpg

Take your characters to Family Mart, not Tim Hortons.

 


6. Play Upon Your Weaknesses

Sure it’s impressive when a character switches seamlessly from one language to another, but rather than show off, use your ability to show what’s similar or different between the two languages by honestly emphasizing your and others’ mistakes. The audience has more than likely been in your exact position before, and being relatable and realistic and humble all at the same time is usually more satisfying in the end for everyone involved.
 

 

Check out our TED@Tokyo talk “Why you won’t die on stage” about bilingual improv.

NEXT SHOW DETAILS
Interested to see how the Pirates of Tokyo Bay pull it all off? Our next show is on October 29, 2017 in Ebisu, Tokyo. It’s our annual cancer charity fundraising show. Details and ticket information here.

Our last show of the year (and our biggest) will be our seventh anniversary show in Roppongi on December 3. Details and ticket information here!

(Photos by Michael Holmes)

Article source: https://allabout-japan.com/en/article/5834

Comment

7TH ANNIVERSARY SHOW 7周年記念ショー

7th Anniv logo.png

*日本語での案内は英語の下です

You are cordially invited to POTB's 7th Anniversary Show!

Hark, what's a POTB, you say?
Why, good sir or madam, just the Pirates of Tokyo Bay, Tokyo's ONE AND ONLY bilingual improv comedy group!

We've been alive and kicking around Kanto ever since the dark days of 2010 and it's now time to celebrate with abandon 7 years of keeping everyone in Kanto laughing, regardless of their language. 

For our 7 YEAR ANNIVERSARY, we're going all out!

We've got GAMES, SCENES, SONGS, MOVIES, KEGS, CUPS, HASHTAGS, GUEST PERFORMERS and YOUTUBE CELEBRITIES!

Be sure to FOLLOW US for updates and videos as the event gets closer!

As always, every show is new and different thanks to you, the audience! We'll be taking your ideas, suggestions and bullshit throughout the entire show so come ready to scream and shout in ENGLISH AND JAPANESE!

LIMITED TICKETS are ON SALE NOW at http://potb7.peatix.com so be sure to grab a seat ahead of time for the BIGGEST NIGHT OF YOUR LIFE!*.
*potentially

Sunday, December 3rd
6:30pm doors
7:30pm START
¥3,000 gets you in and ONE FREE DRINK!! ***Early Bird Discount Available Until Nov 18!
Food available!

Buy tickets at the door or in advance at Peatix: http://potb7.peatix.com

♥ Pirates


★POTBの7周年記念公演★

POTBとは?

よくぞ聞いてくれました!POTBとはPirates of Tokyo Bay(日本語表記:パイレーツ・オブ・東京湾)の略語でございます。そして私たちは東京でたった一つの日本語・英語即興コメディグループなのです!

2010年から関東を拠点に活動してまいりましたが、7年目を迎えるにあたり更なる自由を求め、そして言葉の壁も越えて皆さんを笑わそうと思います。

「7」というラッキーナンバーのため、私たちは全力を尽くします!
ゲームはもちろん、即興シーンや、歌、そして映画に飲み物、そしてなんとゲストパフォーマーやユーチューバーもお呼びしております!

最新情報は随時更新していく予定ですので、フォローよろしくお願いします!

「即興(インプロ)」をご存知の方はもちろんのこと、公演内容は毎回違います!皆さんのお題をもとにその場でコントを作り上げますので、臨場感がパねぇのです。もし、英語(または日本語)がわからなくても、大丈夫!頂いたお題は他の皆さんにもわかるように必ず訳します!

日程: 12月3日(日)
開場: 18時30分
開演: 19時30分
場所: スーパー・デラックス - 〒106−0031 東京都港区西麻布3-1-25 B1F
電話: 03ー5412ー0515
料金: 3000円(湾ドリンク付き) **11月18日(土)までは早割の2500円で発売!
※日本語と英語での上演です
食べ物注文可能!

限定チケット只今ピーティックスにて発売中!http://potb7.peatix.com
早めにゲットして*人生最大で最高の夜を過ごしましょ!

*感じ方には個人差があります。

♥ パイレーツ・オブ・東京湾

キャンセルは一週間前までにお願いいたします。キャンセルの際にはご連絡くださいませ。

SHOW RECAP: July 30th, Tokyo

Comment

SHOW RECAP: July 30th, Tokyo

July in Tokyo is all about festivals, rock concerts, sweaty salarymen, watermelon and summer fun and this month's Pirates of Tokyo Bay show had a little bit of all of those (and more)! Squaring off were two teams of Pirates, the Red team and the White team, both "fighting" for the audience laughs and votes casted in our app.  

On the Red team was: Mike, Bob, Annika, Tomoko and Trey.  
On the White team: Masa, Elliot, Roza, Rodger and Carlos.

The show opened with a bilingual music number inspired by summer in Japan. Taking suggestions from the audience ranging from sweat to cockroaches, the Pirates crafted a bilingual song backed by Ben Anderson on the piano. Points were given to the Red team for Tomoko's amazing singing. 

Score: Red 7, White 1.

Next up was a mixed team game done in Japanese called "Ding" and then on to the Red v. White team games.

Red team started off with "1 Thing" which is a gibberish game. An every day activity was gotten from the audience and then common items associated with that activity were replaced with crazy alternatives. Mike was the guesser for the Red team and successfully guessed that he was "Making Breakfast".  But the eggs were Pasmos, the pan was a car, the in-house chef was a starfish and the sponge to clean the pan was actually Cookie Monster. Crazy!

The White team followed up with their game, "Late for Work" where Roza had to guess why she was late to her job at a sushi restaurant. The suggestions she correctly guessed were that 1) she was late because her purse didn't match her dress, 2) she rode an elephant to get to work, 3) but on the way to work on the elephant, it went in to labor. 

After that round of games, the audience voted.

Score: Red 9, White 7

Next up were the Japanese game, "Whose Line" where the scene dialogue was dictated by lines of dialogue given by the audience and written down on strips of paper for the Pirates to use. As seems to be a trend recently, the phrase "Make America Great Again" made an appearance.

Right before intermission, the Pirates played "Action Replay" and then "Speed Dating". Both were bilingual games and "Speed Dating" involved longtime Pirate Fan, Alan as the guest on stage to guess a series of celebrities* he was on a speed date with. 

Score at intermission: Red 13, White 12

After the intermission and traditional selling of raffle tickets, the Pirates opened with a rarely played song-game, "In the Neighborhood". The highlight was Bob's debut as a singer! He won points for his Red team as the only singer in the game.

Score: Red 15, White 12

After a Japanese game of "Blind Dubbing", the Red and White teams squared off again for audience votes.

Red team went with "Marionettes" and invited a special fan, from Aoba International School in Japan where the Pirates workshopped with the kids earlier in the month. 

White team went with Sound FX where two audience participants provided all the sounds effects for the scene. Almost to an impressive realism!

Score: Red 17, White 12

The final game was audience favorite, "Rap Tinder" where the Pirates, backed by a custom-made rap beat, create verses based on audience submitted selfies that are projected above the stage. Masa won the battle and got "swiped right" to win.

FINAL Score: Red 18, White 32

Need tickets to our August 27th show? Get them here.

* Celebrities were played by Pirates. ;)

Comment

This Japanese improv group is fast becoming recognized around the world as Japan’s top group.

The Pirates of Tokyo Bay (POTB), Tokyo’s only bilingual improv comedy group, which we’ve featured twice before, will mark their 6th anniversary with a special show on December 4th at SuperDeluxe in Roppongi.

Mike Staffa, the founder of POTB, tells you about their vast range of activities in Japan and abroad that they’ve done this year. Also he shares what you can see and experience at the upcoming Anniversary show.

*Past interviews with Mike;
1st (January 18, 2014)
2nd (November 10, 2015)  

日本語

Becoming world-famous as the improv group from Japan

We have toured 10 times to 6 countries (USA, Singapore, Hong Kong, Philippines, China, Malaysia). 2016 was a great year for us as it was our first time performing in Kuala Lumpur, Malaysia. We were invited to be the first improv group to perform at a beautiful new venue there called the Live House. The audience, the venue, the hosts, and food were all amazing. We can’t wait to get back to Kuala Lumpur.

Later in 2016, I was able to perform in Hawaii with On the Spot Hawaii in one of their shows. It was a surprise to see Pirate fans in the audience in Honolulu as these fans had seen the Pirates perform in Tokyo for a few years before they moved to Hawaii!

Next year we will be traveling to Germany in January of 2017 to take part in a 27-hour long improv show at the Harlekin Theater in Tübingen, Germany. The Pirates will also be making our annual tours to Singapore and Manila as well. In Singapore we will be conducting workshops at an international school. The UWCSEA (United World College of South East Asia) has hired us for the 4th year in a row to teach their students about improv comedy and to join the student groups in an improv festival in early March, 2017.

Towards the end of March we will return to Southeast Asia to perform in the Manila Improv Festival held by our friends at SPIT Manila, the improv theater in the Philippines. It will be our third time to Manila and the festival there is always something we look forward to performing in.

Due to our vast international traveling, we have become known in the improv community around the world as one of Japan’s top improv groups. Our monthly shows in Tokyo have regularly featured guests from the world’s elite improv groups such as: Second City in Chicago, Upright Citizens Brigade in NYC, Brave New Workshop in Minneapolis. We have also welcomed guest performers from groups from New Zealand, England, China, Philippines, USA and Canada and more.

Improv helps your business

To perform improv, we need to think quickly, adapt to changes in the scene and trust the people we are performing with. All of these skill points are applicable in the office setting too. Sales teams need to be flexible to the demands of their clients. Management needs to trust their team and think quickly to the changing markets. The Pirates have been using their skills to enhance companies’ business output through our customized training sessions. We have trained major Japanese companies from small start ups to major corporations. Each training session focuses on key topics selected by the clients. Areas like: Teamwork, Problem Solving, Trust Building and Communication. More details can be found here. The training sessions can be a one time class or for more concrete results, some clients have hired us multiple times so we can build on what we taught in the previous workshop.

Photo Credit: Michael Holmes Photo  

We have also worked with Embassies and their staff in Japan, Hong Kong and Malaysia to help bridge cultural communication gaps. It is a lot of fun, for us and for the business people we train, to see everyone open up and become more free thinking to enable them to approach work challenges with a fresh perspective!

Improv University launched!

We are also excited to share with MET readers about our newly formed “Improv University”. This is something new we are trying and a first (we believe) for the city of Tokyo.

Classes haven’t started yet as we are still filling up Level 1 and matching them with our teachers. The classes will be taught by Mike Staffa and David Heston. Our goal is to teach groups of students from Level 1 to Level 2 and finally Level 3. And upon graduating from the University, the group of students will have a graduation show and be fully prepared to be their own unique group, trained in the Pirates style.

No where else in Tokyo can students enter as novices, and within 10 weeks (Level 1 + Level 2) be guaranteed a performance in an amazing venue in Shibuya and be set free as their own unique group ready to put on regular shows themselves.

The University is new and growing slowly, but we fully believe once the first group graduates, they will be able to help grow the improv community in Japan alongside the Pirates and the other groups in town.

 

Happy 6th Anniversary, Pirates of Tokyo Bay!

POTB will turn 6 this year so we’ll hold our 6th anniversary show on December 4th at Roppongi SuperDeluxe. It will feature lots of surprises, many of them secret! We will have appearances from our sister group in Osaka, the Pirates of the Dotombori who recently celebrated their 10th anniversary preforming in Kansai, as well as a few YouTubers stopping by our show. We have new games planned, new songs and new members making their debut performance. It’s really going to be a special show in a special venue!

The 6th anniversary show isn’t just a celebration of our group’s success, but it is also a celebration of our fans and a way for us to thank them for our support. We will have a special photo booth for fans to take photos in by our professional photographer. We’d love to have MET readers get their photos taken and share the photo on the MET website!

Photo Credit: Michael Holmes Photo  

☆See piratesoftokyobay.com/schedule/2016/8/22/6th-anniversary-show-6 for the details of POTB 6th Anniversary show on December 4 in Roppongi.
☆Buy ︎Tickets: potb6.peatix.com/

僕らの即興コントグループは、日本のトップグループとして瞬く間に世界に知られるようになりました。

即興コントグループ「パイレーツ・オブ・東京湾(以下POTB)」 – すでにMy Eyes Tokyo読者の皆さんにはおなじみかもしれません。台本ゼロで舞台を展開していく東京唯一の日英バイリンガルコントグループです。このPOTBが来る12月4日、六本木のライブハウス「スーパーデラックス」で6周年記念ショーを開催します。

そこで世界支配(笑)を目論む”海賊団”を立ち上げたマイク・スタッファーさんに、今年のこれまでの国内外での幅広い活動や、12月に行われるショーの見どころについてお聞きしました。

*過去のマイクさんインタビュー:
1回目(2014年1月18日)
2回目(2015年11月11日)

*英語版はこちらから!

世界の”海賊”に

僕たちは今年(2016年)、アメリカ、シンガポール、香港、フィリピン、中国、マレーシアで計10回のツアーを敢行しました。 特にマレーシアのクアラルンプールでは初めてショーを行ったので、僕たちにとって記念すべき年でしたね。 クアラルンプールからは、新たに出来た「ライブハウス」という場所で初めてショーを行う即興グループとしてお招きいただきました。 お客さん、会場、運営者の皆様、会場で提供される食事など、どれも素晴らしいものでした。 クアラルンプールには、是非また行きたいです。

今年の後半は、「オン・ザ・スポット」というハワイの即興グループと共演することができました。 しかもホノルルのお客さんに混じって、はるばる東京から僕たちのファンがいらっしゃたんですよ!彼らはハワイに引っ越す前、東京で僕たちのショーを見に来て下さっていたのです。

来年(2017年)1月、僕たちはドイツに行きます。ドイツ南部のテュービンゲンという街にあるハーレキン劇場で、27時間にわたり繰り広げられる即興パフォーマンスのフェスに参加します。 他にシンガポールとマニラへの毎年恒例のツアーも行います。 シンガポールでは、インターナショナルスクールでのワークショップも行う予定です。UWCSEA(ユナイテッド・ワールド・カレッジ・オブ・サウスイースト・アジア)というインターナショナルスクールではこれまで4年連続で、学生たちに即興コントを教えたり、即興フェスで学生のグループに参加させていただいています。このフェスは、来年は3月初めに行われる予定です。

その後3月末に再び東南アジアに行き、フィリピンの即興グループ「スピット・マニラ」のメンバーが開催するマニラ・インプロヴ・フェスティバルに参加します。それが僕たちの3回目のマニラ公演になります。このフェスは、いつも楽しみにしているんです。

このようなワールドツアーを通じて、僕たちは日本のトップグループの一つとして、世界の即興コミュニティに名を馳せるまでになりました。毎月都内で僕たちが開催するショーでは、シカゴの「セカンドシティ」、ニューヨークの「アップライト・シチズンズ・ブリゲード」、ミネアポリスの「ブレイブ・ニュー・ワークショップ」など、世界でも指折りの即興グループがこれまで参加してくれました。またニュージーランドやイングランド、中国、フィリピン、アメリカ、カナダなどのグループとも共演しています。

仕事に活かせる!即興というスキル

即興に必要なのは、物事を迅速に考えること、状況の変化に適応すること、そして共演者を信頼することです。 これらのスキルはどの職場においても応用できると思います。例えば営業チームは、顧客の要求に柔軟に対応する必要があります。 管理職は部下たちを信頼し、変化する市場に対し取るべき対策を迅速に考える必要があります。僕たちは、ビジネス向けにカスタマイズしたトレーニングセッションを通じて、企業の生産性向上に向けた即興スキルの活用を提案しています。これまで僕たちは小規模なスタートアップから大企業まで、名だたる日本の企業様に向けて研修を行わせていただきました。 各トレーニングセッションでは、チームワークや課題解決、信頼構築、コミュニケーションなどのテーマの中から、クライアントの皆様が選択されたものに焦点を当てていきます(詳しくはこちらをご覧ください)。トレーニングセッションは1回からご対応させていただいておりますが、僕たちを複数回お招き下さっている企業様もいらっしゃいます。そうすることで、前回お教えしたことにさらに研修を重ね、より具体的な成果を得ることが可能です。

撮影:Michael Holmes Photo  

また在日本や在香港、在マレーシアの大使館やそのスタッフの方々に対し、文化の違いをいかに埋めるかについてお手伝いさせていただいています。 僕たちはもちろん、僕たちが研修させていただいているビジネスマンの方々にとっても、心を開き、今まで持ち得なかった視点で仕事における課題に取り組むのを見るのは、とても楽しいことです。

「即興の大学」開校!

僕たちは「即興の大学」を新たに立ち上げました。この場をお借りして、My Eyes Tokyoをご覧の皆様にも是非お知らせしたいと思います。これは僕たちの新しい試みであり、東京において今までに存在しなかった(と信じています)ものです。

現在もレベル1の受講生を受付中で、しかも生徒さんと講師の割り振りを行っている段階なので、開校は少し先になります。講師を務めるのは僕、マイク・スタッファーと、デービッド・へストンの2人。僕たちの目標は、レベル1からレベル2、そして最終的にはレベル3の生徒さんに教えることです。この大学の修了時には、学生たちは卒業制作としてショーを行います。その頃には、僕たちのスタイルを叩き込まれた彼らが自分たちで即興コントグループを結成するまでに成長します。

残念ながら初心者の人が参加できるような場所は、この東京にはありません。でももし皆さんが、この大学で10週間以内にレベル1とレベル2を修了すれば、渋谷にある最高の場所で公演できるようになることを保証します。そして自ら定期的にショーを開催できるほどの実力をつけて、晴れて卒業です。

今、大学は開校に向けて着々と準備中です。最初のグループが卒業した暁には、彼らは僕たちPOTBや他のグループと共に、きっと日本の即興コミュニティを盛り上げてくれると信じています。

東京湾の海賊たち、もうすぐ6歳!

今年は僕たち「パイレーツ・オブ・東京湾」の立ち上げから6年を迎えます。そこで、来る12月4日に六本木のライブハウス「スーパーデラックス」で、僕たちの6周年記念ショーを開催します。 内容はまだ秘密ですが、皆様にとってきっと驚きの連続になると思います。さらに最近10周年記念ショーを開催した大阪の姉妹グループ「パイレーツ・オブ・道頓堀」のメンバーや、話題のYouTuberたちがショーに参加しますし、新しいゲームや新しい歌、新しいメンバーもこのショーで初披露します。「スーパーデラックス」という最高の舞台にふさわしい、最高のショーになりますよ!

このショーは、僕たちだけのものではありません。これまで僕たちを支えて下さったファンの皆様のためのショーでもあります。そしてショーを通じて、僕たちから皆様に感謝の気持ちをお伝えしたいと思っています。

会場には、プロのカメラマンによる撮影を体験できるブースもご用意しています。My Eyes Tokyoをご覧の皆様、ぜひ会場で素敵な写真を撮ってもらって、このウェブサイトでシェアしてくださいね!

撮影:Michael Holmes Photo  

☆12月4日開催のパイレーツ6周年記念特別ショーについてもっと知りたい方はpiratesoftokyobay.com/schedule/2016/8/22/6th-anniversary-show-6をクリック!
☆チケットはpotb6.peatix.com/にてご購入いただけます。

記事:
http://www.myeyestokyo.jp/54490

Comment

Our 3rd annual cancer show was a huge success! / 第3回チャリティー公演が無事に終了いたしました!

Photo credit: Tabia Chui ( Studio +81 )

Photo credit: Tabia Chui (Studio +81)

In our last show, our 3rd annual cancer charity show, with the support of our fans we donated over ¥30,000 to CancerNet Japan.  It was a fun show with a special piano performance by Mayu Toyama and the entire show was in honor of Tony, our friend and fan.  Thank you to everyone who supported this show as we do our part to support those living with cancer.  We "got your backs" everyone.

先日行われた第3回チャリティー公演で3万円以上をキャンサーネットジャパン(CNJ)に寄付いたしました。トニーさんに贈るショーとして遠山麻繭さんに歌っていただき、私たちも皆さんに笑いと喜びと、心のスマイルの花を咲かせました。がんへの知識を高めていくという素晴らしい活動へ参加できたこと、そして忙しい中お越しいただいた皆さまへは本当に感謝いたします。ありがとうございます!

Comment

即興で笑わせまっせ! 大阪の外国人コント10周年

即興で笑わせまっせ! 大阪の外国人コント10周年

「英語分からなくても、構いまへん」。日本語と英語を交え、観客を巻き込みながら即興コントを披露する大阪の多国籍集団「パイレーツ・オブ・道頓堀」が今月、結成から10年を迎えた。先の読めない展開や、毎回異なる内容に魅せられた常連客で、月に1度の公演はにぎわいを見せる。

「即興で歌にするので、ミュージカルっぽい題を言って」。今月3日、大阪・道頓堀で開かれた10周年記念公演。英国人メンバーのクリス・ローフさん(31)が客席に呼び掛けると「ハムスター食洗機!」と声が飛んだ。

無理難題と思いきや、数秒後、ギターの生演奏とともに舞台の3人が交互に歌いだす。「退屈そうに見えたんだ。僕は食洗機を開け、君は中に入ってこう言った『くそっ、こりゃまずい』」。ハムスターはひどい目に遭うが「でもピッカピカ」との歌詞や妙に真面目なコーラスが続き、会場は爆笑に包まれた。

団体を設立したのは「お笑いが好きで、吉本興業にも応募したけど断られて…」と明かす米国人のマイク・スタッファーさん(35)。2006年に情報誌などで呼び掛け、外国人5人で始めた。現在は米国人やカナダ人、英国人、日本人の12人が所属する。

台本やネタは一切なし。観客から「お題」をもらったら、メンバー同士で打ち合わせすることなく、すぐに始める。演じる役の個性や筋書きをそれぞれが決め、相方と探り合いながらオチを見つけていく。

10年には東京に姉妹グループを立ち上げ、即興コントを用いた企業研修も手掛けるようになった。コントは東京と大阪で毎月最終日曜日に上演中。スタッファーさんは「観客と一体になれる、毎回違うステージを楽しみに来て」と話している。

記事:
http://www.sankei.com/smp/west/news/160725/wst1607250009-s1.html

バイリンガル即興コントで「今を生きる」

Comment

バイリンガル即興コントで「今を生きる」

日本語と英語のバイリンガル。しかも即興コント。そんな珍しいショーを開くお笑い団体で活躍する日本人の女性がいる。参加したきっかけは、演劇の道半ばでがんを患ったこと。「元気に活動している姿で何か伝えられたら」。一発勝負の舞台に全力投球する。

日曜夜、恵比寿のパブ。「フラッシュと自撮りはご遠慮ください」とアナウンスが流れ、お笑い団体「パイレーツ・オブ・東京湾」のショーが始まった。

代表のマイク・スタッファーさん(34)らと並び、中村あやさん(33)=中央区=がマイクを手に日本語と英語で会場を盛り上げる。「日本の春と聞いて思い浮かべるものは?」。そう問いかけると、ビールを手にした観客が答えた。「健康診断」「カフン(花粉)、カフン」「何でもかんでも桜風味」

♪健康診断に備えて何も食べずにいたら~おなかくだしちゃった――。観客の答えを使って即興の歌を作るコントだ。中村さんのネタに客席が沸く。日本で暮らす外国人や観光客、英語を学ぶ日本人。様々な客が笑いを通じてつながり、会場が一体感に包まれる。「その場限りの一本勝負。アドレナリンが出ます」

高校卒業後、演劇を学ぶため渡米。大学やミュージカル学校で学んだ。オーディションで手応えを感じるようになり、「スタートラインに立てたかな」と思い始めたころ、体調の異変に気づいた。27歳だった。

子宮頸(けい)がん。かなり進行していた。急きょ帰国し、子宮全摘の手術を受けた。「今まで夢を支えてくれた家族のために、元気にならないと」。必死で治療に耐えた。

翌2010年、ネットの文字に目がとまった。《英語が話せて、舞台に立ちたい人》。できたばかりのお笑い団体がメンバーを募集していた。体力が回復せず、通院以外で外出することはほとんどなかったが、「この機会を逃したら次はない」と一念発起。立っているのがやっとの状態でオーディションを乗り切り、1期生になった。

英語で切り返すだけで精いっぱい。練習もいやだった。でも「こうしたら、もっと笑ってくれるかな」と考え始め、だんだん面白くなった。緊張で眠れなかった最初の舞台。「命を落としていたかもしれない私がなくすものは何もない」と自分に言い聞かせた。「病気になってからは、『自分にはできない』と制限することがなくなった」

他のメンバーに病気のことを告げたのは、3年ほど経ってから。「今なら私を見る目は変わらないかな」と思えた。辞めようと思ったこともあるが、5年経った今、メンバーは家族のような存在だ。現在はフィットネスのインストラクターをしながら、月1回の公演やイベント出演をこなす。

何もなければ、何となく過ぎていく毎日。一発勝負の即興コントの舞台は、そんな日々で「今を生きる」感覚を取り戻す場所でもある。「元気な私の姿を誰かが見るだけでも、何かの役に立つかもしれない。ここにいることに意味があると伝えたい」(仲村和代

記事:http://www.asahi.com/articles/ASJ4G3CY3J4GUTIL00M.html

Comment

Pirates donate to Kumamoto

https-%2F%2Fstatic1.squarespace.jpg

ADMAD - Artists Do Make A Differenceによる熊本リリーフプロジェクトに寄付してくださった皆さま、誠にありがとうございます。皆さまから集まった寄付金は31,016円となりました。そして私たちも同じ額を寄付することで倍にし、合計金額は62,032円となりました。ファンの皆さまと一緒にこれを被災地・被災者の皆さまにお届けします。 ‪#‎熊本支援‬ ‪#‎WithTheKyushu‬

A big thank you to everyone who donated at our show last night to the Kumamoto Relief Project supported by ADMAD - Artists Do Make A Difference. The audience raised ¥31,016 and the Pirates doubled that to donate a total of ¥62,032 to charity. Together with our fans, we are honored to offer our support to the people in Kumamoto who need it most.